R26 夢酔戯言

今年の目標 : ドアには"あとぜき"と書いておこう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二頭の死から

本日のどチンコの切除手術で死亡しました。 - フレンチブルドッグひろば掲示板
ケンシロウ他界しました。 - まどんな1015のブログ - Yahoo!ブログ
おもにフレブル。 ぱっ君、力尽きました。

ケンシロウくん、ぱっくん、安らかにお眠り。
もっと生きたかった気持ちは、私も伝えてあげるからね。

短吻種は構造上どうしても空気の入りが悪く、高温多湿の日本ではそれが因果で熱中症になる。
FBの原産国であるフランスやイギリスの温度と日本の温度や湿度を比較し、それリスクを十分に受け入れないと飼うべきではないと私は思うが、それでも容姿や仕草の可愛らしさで飼うのも致し方なし。
そんな中で、春から晩秋までゼエゼエハアハアと息が上がりやすいので動物病院に相談しますと、肥満予防と軟口蓋切除手術を薦められる。
のどちんこを整形し空気の通りをよくするのは、鼾が酷かったり無呼吸症の人間でも行われていまして、亡父も受けました。
しかしね、これ術後にリスクがあることは知られていない。
ましてや、動物病院でちゃんとした説明があるとは思えないし、可愛い子を亡くした飼い主の何人かに伺ってもリスクを皆さん知らなかった。
確かに術後は呼吸が楽になるそうです、亡父が言っていました。
しかし、食べ物や水が食道じゃなく気管に入り激しく咳き込んだり、睡眠時に唾液が気管に少しづつ流れ込み何度か肺炎を患いました。
「誤嚥」と言います。
軟口弁は空気以外が気管に流れない為の弁でもありますからね。
伸びすぎると呼吸は確かに困難にはなりますが、じゃ弁が無くなれば良いかと言うと気管に空気以外が流れこむので死に直結します。

気をつけてゆっくり飲み食いする人間でも激しくむせたり、呼吸ができなくなる恐れがあるのに、犬が理解出来るわけはないし、飼い主さんに十分な説明がされてない、説明がされていたとしても気をつけようがない現実。
こんなリスクのある手術を簡単に予防医学のように進める獣医師界が異常なんです。
またすぐに伸びるのでギリギリまで切るのが多いと聞くが、一体何をやってるんだ!と。怒
水でも唾液でも簡単に死ぬような処置は、あんまりだろう。

あと、ケンシロウくんの「麻酔後に嘔吐物が~」というのは言語道断。
事故等の緊急の手術では致し方ないが、去勢は避妊やこのての緊急性のない手術なら いついつとスケジュールを組むよね。
そして、前日から食事を制限します。
なぜ、「麻酔後に嘔吐物~」になるのか、私にはとても不思議なのです。
飼い主さんを責めてはいません、医師の説明の滅茶苦茶さと、どんなスケジュールだったのか大いに疑問なのです。

でね、私がなぜカリカリのフードを与えずに肉を中心としてるかは、消化の問題もあります。
友人と一緒にランに行こうと約束してまして、あー必ず車やランで興奮するので朝ゴハンは与えないでね、どうしても欲しがるときはふやかしたのを少しだけ、と。
しかし、ランについて興奮し嘔吐。
ふやかしたつもりでも犬の早食いでカリカリのまま。
早朝から6時間は経過してたが、指で潰れませんでした。

留守番してて、誰かチャイムを鳴らす。
興奮した犬が激しく叫ぶ、そして嘔吐。
運が悪く気管に逆流で死亡。
案外と多いのです。
更に、興奮しやすいFBで軟口弁切除をしていたら、一気に危険な状態となります。
私はなんでもかんでも手術するな、と言うわけではありません。
こうしたリスクをちゃんと理解してください。
熱中症は温度調整で防ぎようがありますが、気管への逆流はどうしようもありません。
運任せなんて、医学じゃないよ。

ケンシロウくん、ぱっくんの飼い主様 ご愁傷様でした。
謹んで、お悔やみ申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
金吾(きんご

2011年11月10日生まれ
クリームぽいフォーンなFBくん。
何の因果か、おっぴー家にて貧乏旗本の三男坊的生活をエンジョイ中。
市中見廻りを日課とし、趣味はマーキング。
日々、快食快便に励み 愛玩犬として みんなを笑顔にする立派な使命に邁進してます。
応援してください。
あ、いいにおいのおねえさんがすきです。
おっぴー

いろんな街で、おもしろい事を探してうろちょろ。
1つ¥1000のレタスを買って帰れば激しく罵倒される、そんな過酷な環境からお届けしています。
世界の中心ならぬ、部屋の隅で不満を叫んでいます。
ええ、もちろん心の中で。
どこまでも小心者でございます。
世の無常を感じております。
こっそり生きています。
こっそり参加中
フレンチブルドッグひろば

こちらも一応↓
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
-
 


提供:PINGOO!
月別アーカイブ(タブ)
 
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対 ペットのおうち

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。