R26 夢酔戯言

今年の目標 : ドアには"あとぜき"と書いておこう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛ファミリー

これが今の精一杯の姿勢です。
12193326_1672652399680406_7015007236212754961_n_R.jpg

金吾が立てなくなりました。
腰を触ると痛そうな表情をしますし、腰に熱があります。
現段階では、ぎっくり腰で経過観察しかできません。
なんとか、おぼつかない足ながら風呂場まで行き排泄しますが、下半身が踏ん張れずペタッと。
うんこまみれになり、それと帰りの少しの段差を自分では登れなくなっています。
5cmしかないのに、金吾には小高い山なんだろうね。

人間が作った手足が短い犬種には老齢のヘルニアより先天性のヘルニアが多く、宿命とも言えます。
ですが、実はヘルニアでは無く、人間で言うぎっくり腰の症例が多い。
焦って病院に運んでも、最初は絶対安静。
それでも回復しない場合にヘルニアを疑い、MRIをとってオペするのは人間も同じなのですが、自由診療の動物病院ではグレードなんて段階を勝手に設定して、飼い主の不安と恐怖を煽り、早期オペの決断をさせます。

人間は高額医療費の申請をすれば何割か返ってきますが、犬は自由診療の世界。
ペット保険に入ってなけりゃ100万円コース。
入っていたとしても半額や3割ですので、保険屋も医院も脅すのは良い商売なんだよねえ。

私も昨年の今頃、ヘルニアのオペを経験しましたが生活習慣ですので これで完全回復とまではいかず。
よって、一生の付き合いだと自覚して沢山勉強しましたし、急いでオペしなければ歩けなくなるというのが全くのデタラメであるのはわかりますし、疼痛の仕組みや、愛犬家の整形外科医や親戚の医師達もそんな豊胸手術や包茎手術のようなセールスを笑いのネタにしています。
人間と比べ専門医が少ないですし、オペ数も研修も絶対不足していますし、技術が未熟なだけなのですが、失敗した時の言い訳の予防線を最初から幾重も用意したのが、「早期」であり「グレード」。

2本足の人間の方か背骨や腰骨への負担は高く、ヘルニアや腰椎の怪我は圧倒的に多いのですが、痛みを我慢したり、自分で鎮痛剤を飲んだり、それでも我慢できずに通院からすると獣医師の言うグレードなら相当レベルで、もう回復の見込みがない事になるね。
でも私はこうして腰に違和感はあるけど元気。苦笑

12196346_1672652419680404_9047093570131229268_n_R.jpg
勿論、ちゃんと勉強してどんな子でも治そうとされる医院や獣医師が大半です。
オペはあくまでも最終段階で、そしてオペの危険性や回復しない事は飼い主さんそれぞれが納得なされば良いでしょう。
が、そうじゃない医院や獣医師からの治療を受けた方が恐怖心からオペを決断し、開放された喜びから親切でブログに垂れ流し拡散される傾向が大です。
医学の知識がないので、お気持ちはわかりますが先ずは安静。
軟口蓋過長症のオペも予防医学なんかじゃないよ。

反対コメントが予想されますし、それにいちいち返信するの大変ですので、ここではコメントいりません。
金吾がんばれ!と応援される方だけ「拍手!」と「いいね!」していただければ。
私達の勇気となります。
m(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
金吾(きんご

2011年11月10日生まれ
クリームぽいフォーンなFBくん。
何の因果か、おっぴー家にて貧乏旗本の三男坊的生活をエンジョイ中。
市中見廻りを日課とし、趣味はマーキング。
日々、快食快便に励み 愛玩犬として みんなを笑顔にする立派な使命に邁進してます。
応援してください。
あ、いいにおいのおねえさんがすきです。
おっぴー

いろんな街で、おもしろい事を探してうろちょろ。
1つ¥1000のレタスを買って帰れば激しく罵倒される、そんな過酷な環境からお届けしています。
世界の中心ならぬ、部屋の隅で不満を叫んでいます。
ええ、もちろん心の中で。
どこまでも小心者でございます。
世の無常を感じております。
こっそり生きています。
こっそり参加中
フレンチブルドッグひろば

こちらも一応↓
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
-
 


提供:PINGOO!
月別アーカイブ(タブ)
 
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対 ペットのおうち

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。